20代前半OL、某大手企業の受付コールセンター勤め。自他ともに「声“は”綺麗だね」と言われます。

自分でも、容姿は本当に残念な部類だと自覚があります。10段階で評価するなら、2・・・いいえ1.5でしょか。当然ながら男性経験はなく、体が火照るとひとり寂しくオナニーします。

オナ電の存在を知ったのは、AV動画を物色している時でした。詳しくリサーチすると、声だけで楽しむセックスだとか。その時、私は「これなら(色々な意味で)いけるのではないか」という確信が湧きました。容姿は残念でも、声“だけ”は良い私です。

私は早速、オナ電が出来るサイトに会員登録を行いました。有り難いことに、女性は利用料0円。お金がないわけではありませんが、クレジットカード情報などを登録するのは気が引けたので、助かりました。

そして、はじめてのオナ電・・・相手は、50代前後だろう落ち着いた声の男性でした。開口一番「君、声が素晴らしいね」とお褒め頂き・・・本当に、嬉しかったです。

はじめは雑談をして、そこから徐々にえっちな会話をして・・・男性は終始、自分がいま何をしているか・どういう状態なのかを話してくれて、私はそれを聞いて堪らなくいやらしい気持ちになりました。私もそれに応える様に実況し、二人で上り詰めていきました。

最後のほうは、喘ぎ声しか出してなかったと思います。でも、すごく楽しかったしスッキリしました。それ以来、私はすっかりオナ電の虜に。繋がる男性が総じて「声が素敵」と褒めてくれるので、毎回気合を入れて喘いでいます。

なぜ一方的なやり取りでは良くないか

オナ電を楽しむ為には、色々なポイントはあります。
少なくとも相手を見極める事は、それなりに大事です。
オナ電を初めて経験する男性は、たまに失敗しています。
なぜなら、やり取りが一方的になっているからです。
そもそも会話というのは、あくまでもキャッチボールになります。
一方的にボールを投げた状態では、片方が不満感を覚えてしまう事もよくあるのです。
身の回りで話している方々を観察してみると、たまにそういう状況に遭遇する事があります。
片方が一方的に話していて、相手は殆ど話を聞いていない光景に遭遇する事もあるでしょう。
もちろんそういう時は、話を聞いている相手は大抵退屈しています。
オナ電では、そういう状況は避けるべきなのです。
あくまでも双方向のやり取りになりますから、キャッチボールは心がけるべきでしょう。
何と言っても相手の話を聞くことで、どういう性癖があるか把握できるのです。
そもそもオナ電で楽しい時間を過ごすにしても、相手の性癖を見抜く事も大切です。
相手がどういうプレイに関心があるか分かれば、自然と会話も盛り上がる傾向はあります。
ですから楽しい時間を過ごす為には、一方的に話さない事が肝心です。
オナ電の初心者の男性の方々は、つい自分だけが一方的に話しがちです。
ですが、それでは相手の女性が退屈してしまい、プレイが盛り上がらなくなってしまう可能性もあるでしょう。
一方的にならずに、相手の話も聞く姿勢を忘れないようにしたいものです。